*

ニュースリリース

お腹のポッコリに効果的

おっぱい体操でおっぱいの形や柔らかさに満足できたかたも他の部分まで満足できるかたは少ないと思います。特にお腹のポッコリにお悩みのかたは多いと思います。

おっぱい体操でおっぱいの形が満足し、ぽっこりお腹をなおすことができればより理想的なボディーに近づきます。肌の露出が多くなる熱い時期には身体全体のラインを整えようと思っているかたが多いですが、すぐにボディーラインが良くなるわけではありません。

長期的に少しずつじっくり改善することにより、身体全体のボディーラインが見違えるように良くなり、肌の露出が多い時期にも自分に自信を持つことができます。

いつでも簡単にできる呼吸法のブレスオブファイヤーは身体を温める効果やぽっこりしたお腹のお悩みにも効果的であり、おっぱい体操とぜひ、同時におこなってみてください。

やり方はまず、両手をお腹に置き、おへその下の丹田を意識してぐっと力を入れます。次に口を閉じ、鼻で腹式呼吸をおこないます。リズミカルに息を吐く時にお腹をへこませるようにしてください。

いつでも簡単にどこでもできるので、継続しておこないやすく、やればやるほど効果があるので、女性に人気のお腹ポッコリ解消法です。


腕、脚、肩甲骨のパートナーとのストレッチ方法

パートナーと一緒におこなうペアマッサージをおこなう場合正しい方法でおこなわないと効果が期待できないとともに、怪我をしてしまう恐れがあるので、正しい方法を身につけてからおこなうようにしてください。

腕と肩甲骨のストレッチの場合はまず、パートナーのかたが腕を引き上げます。この時に片手で左ひじを掴み、もう片方の手で手首を軽く持ち、上にゆっくり引き上げるようにしてください、次に左手で左ひじを持ち、右手で右肩を支え、左ひじを右へ押して左の脇を伸ばします。

この時に右腕も同様に2回ほどおこなうようにしてください。最後に左右の手でそれぞれ反対側の肘をつかみ、腕を後ろに引いて肩甲骨から背中を伸ばせば完了です。各5回~10回をおこなえば大丈夫です。

脚のストレッチの場合は膝をおさえ、足首を上に曲げ、10秒ほど数えます。次に足首を水平に倒し、10秒ほど数えます。この時は左足、右足の順におこなうようにしてください。

最後に脚の親指と小指を持ち、脚を持ちあげ、脚全体を軽く揺らすようにしてください。この時強く揺らしすぐないようにするのが重要です。やり方さえ覚えれば簡単にできるので、ぜひ、パートナーのかたと一緒におこなってください。


パートナーと一緒にマッサージをおこなう

おっぱい体操やストレッチはご自身一人でおこなうものと認識しているかたもいると思いますが、パートナーと一緒にマッサージをおこなうペアマッサージもあります。主なマッサージはおっぱい揺らし、脚のストレッチ、腕と肩甲骨のマッサージなどがあります。

ペアマッサージをおこなう一番のメリットは一人でおこなうよりもしっかりアプローチができることです。ただし注意しないといけないのが、力の加減を間違えないことです。男性がパートナーの場合は力が強くなりがちになってしまい、マッサージをしてもらう女性のかたがリラックスタイムがとれないというケースがあります。

他人におっぱいを触ってもらうとおっぱいの変化がよくわかり、楽しい会話が生まれると思います。お互いに触れ合うことで二人の大切なスキンシップや会話ができるきっかけにもなるので、お互いの仲にも良い影響を与えると思います。

おっぱい揺らしの方法はおっぱいを両手で支えるように意識しておこなうことが大事です。パートナーが後ろに座り両脇から手を入れて後ろからおっぱいを支えるようにしていきます。次に手の平全体でおっぱいを寄せながら上げていきます。その後に上げた位置で10~20回程度軽く揺らしていきます。


月経と身体の関係とは

女性である以上絶対につき合わないといけないのが月経です。月経は毎月やってくるものであり、面倒くさいと思ったことがあると思います。

月経は子供を作る身体の準備をするだけでなく、身体に蓄積された老廃物などの毒素を排出する優秀な排毒システムでもあります。月経に女性ホルモンが非常に関係しています。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。この二つのホルモンが崩れてしまうと生理不順や正しく月経がこなかったりしてしまうので、正しい月経がこないと毒素は排出されなくなってしまいます。

また、尿や便によっても体内の毒素は排出されるので、これらもホルモンバランスが崩れてしまうと体内の循環が悪くなり、きちんと排出されなくなってしまいます。おっぱい体操をおこなうことでホルモンバランスを整えることができるので、まだおっぱい体操をおこなったことがないかたは、ぜひ、一度お試しください。

ホルモンバランスを整えるだけでなく、おっぱいの形や柔らかさを理想的なものにすることができます。月経をきちんとしたリズムでおこなうことにより、ホルモンバランスを整えることができ、おっぱいの調子も良くなるので、女性に嬉しいポイントが多数あります。


睡眠をしっかりとって綺麗へ

女性ホルモンの分泌が活発になるのは深い眠りの時ですので、睡眠が浅いかたや睡眠時間が足りていないかたはきちんとした睡眠を意識しないといけません。質の良い睡眠は女性にとって非常に大事なことであり、睡眠のリズムが乱れてしまうと肌荒れ、肥満、消化力ダウンなどの悪循環のスパイラルに陥ってしまいます。

 

質の良い睡眠は回復力のアップ、美容などに効果があり、理想的なボディーを手に入れるためには欠かせないことです。就寝前の入浴はぬるめのお湯に浸かるのがおすすめです。

身体が放熱する時に深い眠りにつけるので、熱すぎるお湯ではなく、40℃以下ぬるめのお湯で身体の芯から温めるのが睡眠前には効果的です。食事は就寝の2時間前に終わらせるのも大事です。

寝る直前に十分に消化されないと肥満の原因になってしまい、睡眠も浅くなってしまいます。帰宅が遅くなった際はつい夕食をいけないと思っても食べてしまいがちになるので、帰宅後は温かい飲み物を摂取するのが重要です。

睡眠直前にはリラックスできる音楽やアロマオイルを使用してスローダウンをすることがおすすめです。おっぱい体操を同時におこなうことでより効果が期待できるので、同時におこなってみてはいかがでしょうか。


おっぱい体操でストレスがない生活へ

現代の女性のかたの多くは肩こり、生理不順、不眠などの身体のトラブルを抱えています。便利な世の中になった分、生活リズムは崩れがちになり、健康的な身体のかたが多かった時代とは異なり、身体に問題を抱えながら生活しているのが現状です。

今の便利な世の中の生活を捨てるのではなく、ちょっとした心がけで健康的な生活を取り戻すのは可能であり、おっぱい体操が効果的です。おっぱい体操にはホルモンバランスを整える効果があり、会社でもご自宅でもストレスのない生活を送ることができ、毎日の生活が楽しくなってくると思います。

お仕事の都合で不規則な生活を送っているかたは特にホルモンバランスが崩れているケースが多く、お早目にホルモンバランスを整えることが大事になります。職場ではイライラすることなく、包み込むような懐の深さで人と接したいというかたはぜひ、おっぱい体操をおこなってください。

ストレスとホルモンバランスは非常に密接した関係にあり、ストレス=ホルモンバランスの乱れと言っても過言ではありません。ストレスのない生活を希望するかたは、いかにしてホルモンバランス整えるかが大事であるかということを意識して生活を送ることが大事になります。


更年期障害を受け入れるために

更年期には身体が冷える、硬くなる、多汗になるなどの症状が増えます。また、同時に頭痛や腰痛といった症状も出てくるようになります。このような症状を緩和し、更年期を受け入れるためにおっぱい体操は非常に効果的です。

女性ホルモンとおっぱいは大変密接な関係にあり、おっぱい体操をおこなうことで女性ホルモンが急激に減少するので、きちんとした対策をおこなうことができます。今現在は更年期障害ではないかたも将来的に必ずと言っていいほど更年期障害となってしまうので、事前に対策をしておくという意味でもおっぱい体操をおこなっておくべきと言えます。

年齢を重ねると体力は落ちてしまいますが、治療は落ちないので、無理をせず、きちんと対策をすれば穏やかに過ごすことができます。年齢を重ねても女性としての美しさは追い求めたいというかたは非常に多いですが、年齢を重ねると、ケアを怠ってしまうと若々しさが失われてしまいます。

これからおっぱい体操をおこなおうと考えているかたは、おっぱいだけでなく、身体全体に良い効果があるということを忘れないようにしてください。長期的におこなえばおこなうほど効果があり、更年期障害対策をおこなうことができます。


質の高い母乳にするには

妊娠をしているかたは生まれてくる赤ちゃんのために質の良い母乳でありたいと思っているかたは少なくないと思います。質の高い母乳にするには食事や身体のケアが大事であり、おっぱいへのマッサージを怠ってしまうと、質の良い母乳にはならないケースがほとんどです。

妊娠をするとおっぱいのサイズがアップしますので、胸を締め付けないようにするのが大事であり、ゆったりしたブラジャーを選ぶようにしましょう。質の良い母乳のためにはおっぱい体操は非常に効果的ですが、乳首や乳首への刺激は子宮収縮を促す可能性があるので、控えるようにしてください。

産後は赤ちゃんの求めに応じて授乳することになりますが、産後は約2時間以内に初乳をあげることが授乳のリズムを生むことになるので、妊娠中のかたは忘れないようにしてください。妊娠期に質の良いおっぱいにするには身体を冷やさない、消化の良いものを食べる、公園を初めとした緑のある場所へ毎日散歩するなどのことが大事になります。

産後は赤ちゃんのリズムに合わせて授乳をおこなう、携帯電話やパソコンの使用を控えて目を疲れさせない、脂肪や乳製品が多い食品は控えるなどが大事です。生まれてくる赤ちゃんのためにぜひ、おっぱい体操をおこなってください。


おっぱいだけでなく足も綺麗になろう

おっぱいだけマッサージをおこない、綺麗になろうと思っているかたは、脚も綺麗になることを意識してみてはいかがでしょうか。おっぱいの形が整え、身体全体を整えれば、より理想的なボディーになるので、満足感を得ることができると思います。

脚のストレッチのやり方は2つ存在します。ふくらはぎのストレッチの場合は寝る前に布団に入ってからできます。ふくらはぎをしっかり伸ばすことを意識しておこなうことが大事です。

足首を上に曲げるだけですが、左の足首を上に曲げ、その体勢を保つようにし、5秒を目安にゆっくり戻します。次に足を水平に倒して伸ばし5秒数えたら完了です。ダメな例はひざを曲げておこなうことや足の指だけを上に上げることですので、意識しておこなってください。

壁を使ったストレッチの場合は脚を挙げて足の裏を壁につけます。この時に足を心臓より高く上げて30秒数え、慣れてきたら1分、3分と少しずつ時間を長くすればより効果が期待できます。間違った方法はひざを曲げておこなうことや壁にかかとだけをつけておこなうと効果が弱くなってしまいます。

おっぱい体操と脚のストレッチを一緒におこなうことにより、脚とおっぱいという女性が気にするポイントを理想的にすることができるのでおすすめです。


骨盤ストレッチのやり方

骨盤ストレッチに興味があるかたもどのようにおこなえばいいかわからないかたもいると思います。まず、ひざを緩めて足を肩幅に開いて立ちます。

この時に身体の中心の軸をずらさないようにおこなうのが大事です。骨盤を右回りに円を描くように360度回し、その後に骨盤を後ろに回す、前に回すのが骨盤回しです。

上半身と骨盤のストレッチで大事なことは腕が下がる、腕と骨盤の動きがずれてしまうと効果がないので、気をつけてください。最初はゆっくりおこなうのがコツです。

やり方は腕と骨盤を後ろに動かします。次に腕と骨盤を前に動かしたら完了です。骨盤ストレッチで重要なことは無理をしないでおこなうことです。

いきなり完璧におこなおうと思っても上手くいかないことのほうが多く、断念しがちになってしまいます。また、すぐに効果が出るものではないので、できるだけ長期的におこなうのがいいでしょう。

骨盤ストレッチをおこなうことでゆがみのある身体が理想的なボディーに近づいてくるので、満足感を得られると思います。

まだ一度もおこなったことがないというかたはぜひ、お試しいただき、理想的なボディーを手に入れてください。継続しておこなうことでより効果が期待できます。


次のページ »

サイト内検索

バスト関連ニュース