*

バストのハリ

以下、http://www.cultural-award.net/mechanism/ 『引用元』より引用
-------------------------------------------
若いうちは、バストのハリよりもバストの大きさに悩む人が多いと思いますが、

実は、バストのハリを見直すことで、バストの形やバストの大きさも見違えるようにすることができます。

また、20代後半以降の方や出産を終えられた方で、バストに以前よりハハリを感じなくなってきた人も多いと思います。

こうした方のためにここで少しバストのハリについてお話しようと思います。

 

バストはハリがないとバストの上部分が削げ落ちた形になります。

これを「皿型」や「三角型」といいます。対して、ハリのあるバストの上部がふっくらしたものを

おわん型や半球型といいます。

 

バストのハリや形を胸のサイズよりも重視している型も多く居ます。

ハリを維持したり、ハリを取り戻したりするには、ビタミンやミネラル

特にコラーゲンが必要となります。これらの成分が肌から失われると

シワになったり、たるみが発生したりします。

こうした美容成分はよくバストアップサプリに配合されているので、

ハリやツヤを維持したり取り戻したりするときに重宝します。

バストの弾力性を測りたい方は、両手でバストを横から押してみてください。

胸から押し返されるような圧力を感じた人はバストにハリがあるということです。

バストはハリがあるだけで実際の大きさよりも大きくみえたり、

美しく見えたりします。

 

バストの形に関わるもうひとつの要素はクーパー靱帯があります。

クーパー靱帯もコラーゲンで生成されている器官なので、

クーパー靱帯が伸びないよいにブラをしっかりしたりして

生活することによって、バストの形やハリを維持することができます。

こうして胸にハリを出すためにはバランスの摂れた栄養素が必要です。

以上、引用ここまで
-------------------------------------------
『感想・コメント』

バストのハリはとても重要だと思います。

この記事のようにバストにハリやツヤがあるだけで、バストアップして

みえたり、形がよくみえたりします。

バストのハリはサプリメントの摂取も有効だと思いますが、

心配な方はバストの血流アップを行いましょう!

意外とバストは冷えを感じているのです。

バストが冷えてしまうと、リンパの流れが滞って血流も悪くなります。

できるだけバストは温めてあげることをおすすめします。

具体的には、ぬるめのお風呂に長めにつかってのバストマッサージは

とても有効です。

毎日の積み重ねでバストをケアしていきましょう。 

 
 

以上、引用ここまで
-------------------------------------------


サイト内検索

バスト関連ニュース