*

大豆が胸を大きくする?

以下、http://slism.net/beauty/bust-up-by-soybean.html『引用元』より引用 -------------------------------------------

大豆で胸を大きくする!

大豆のバストアップ効果を知る上で重要なのは、胸が大きくなるしくみです。   胸が大きい人と小さい人では、一体どんな違いがあるのでしょう。

胸は脂肪で守られている

乳房では、赤ちゃんを育てるおっぱいを出すために必要な乳腺を守るため、脂肪細胞が乳腺を包み込むように成り立っています。   胸が大きいということは、この脂肪細胞が多いということなのです。

乳房断面図

乳腺を保護する役割の脂肪細胞は、乳腺の発達によって増えるといわれています。

ということは・・・ 胸を大きくするためには、まずは乳腺の発達が必要だということなのです。

胸が大きくなるポイントはエストロゲン

乳腺の発達に欠かせないのが、女性ホルモンの「エストロゲン」です。 エストロゲンには、乳腺細胞の増殖を促進する働きがあります。

生理前になると胸が張るという人は多いですよね。 なぜならエストロゲンの分泌は、排卵の前にピークをむかえるからなのです。

エストロゲンの分泌サイクル

それなら、エストロゲンが増えれば、もっと乳腺が増えるはず!って思いますよね?

大豆がエストロゲンになりすます?

大豆がバストアップに有効なのは、大豆に含まれる大豆イソフラボンの働きにあります。

通常、エストロゲンは、乳腺細胞の細胞膜にあるエストロゲン受容体にくっついて増殖を促します。 ところが、イソフラボンはエストロゲンと分子構造がそっくり

イソフラボンがエストロゲン受容体とくっついて、まるでエストロゲンのような働きをしてしまいます。 そのため、大豆イソフラボンを摂ることで、乳腺細胞の増殖を促進できるのです。

イソフラボンがエストロゲンになりすます

大豆パワーでバストアップ!

大豆で作られる食品といえば豆腐や納豆のほか、豆乳・おから・きな粉など毎日の食生活に取り入れられるものばかりです。

とはいえ、偏った食生活では健康的とはいえません。   毎日、栄養バランスの取れた食事をしっかり摂ることも、バストアップには大切なのです。
以上、引用ここまで -------------------------------------------

『感想・コメント』

大豆はこの記事でもあるように、大豆イソフラボンを豊富に含む食材です。

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをするので

バストアップには積極的に摂り入れたい食品のひとつです。

まずは、自分の食生活を見直して和食を中心に大豆を摂るようにしましょう。

肥満の原因になるような暴飲暴食はご法度です。

きちんとしたバランスの摂れた食事ができたうえでのバストアップですから、

大豆製品だけを摂っても体にはよくありません。

大豆のほかには野菜を中心とした食事を心がけていきましょう。

野菜のなかでも根菜類は体を温めるという点ですぐれています。

反対に生野菜は体を冷やすのでおすすめできません。

 

例えば、根菜類をたくさん入れたのお味噌汁であれば

簡単に野菜とお味噌で大豆が摂れますね。さらに、豆腐を入れれば完璧です。

お味噌汁やスープなどは簡単に作れるうえに身体を温めるのでとても理想的な食事だと思います。

 

 


サイト内検索

バスト関連ニュース