*

家庭でできるバストアップ法

http://matome.naver.jp/odai/2136670955910516701』より引用

バストアップ基礎知識

バストは脂肪の塊

バストの9割は脂肪で構成されています。 つまり、バストの大きさは、バストについている脂肪の量で決まります。

女性ホルモンがバストの大きさを決める

女性ホルモンが分泌されることで、女性の体は女性らしくなっていきます。 もちろんバストも同じ。 女性ホルモンの働きでバストの大きさは決まります。

バストアップには血行促進が必要

バストの血行が良くなるとバストにハリが出てきて、 バストアップにつながります。

手軽にできるバストアップ法

大豆製品でバストアップ

大豆にはイソフラボンという女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれています。 大豆を食べることで女性ホルモンが活性化され、バストアップに

マッサージでバストアップ

バスト全体をもみほぐすようにマッサージすると血行が促進され、 バストアップに。

胸の筋肉を鍛えてバストアップ

バストは大胸筋という筋肉に支えられています。 大胸筋の筋力が落ちるとバストが垂れることになります。 両手のひらを体の中心で合わせて力いっぱい押し合うことで 大胸筋は鍛えられます。日頃から大胸筋を鍛えてバストアップを図りましょう。

バストアップに効果的な食事

キャベツを食べてバストアップ

キャベツには女性ホルモンを活発にさせる成分がふくまれており、 生のキャベツを食べることは、バストアップに効果的

海藻、緑黄色野菜を食べてバストアップ

ワカメやひじき等の海藻、ニンジンやホウレンソウ等の緑黄色野菜には、 ビタミンAが豊富に含まれており、ビタミンAにはバストのハリを保つ効果があります。

オリーブオイルでバストアップ

オリーブオイルには女性ホルモンのバランスを整える作用や 抗酸化作用といって老化を防ぐ作用があります。

間違えやすいバストアップ法

ダイエットを行う

綺麗な体作りを目指してダイエットを行う人がいますが 過剰なダイエットは、バストアップどころか、痩せを作るだけ。

脂肪を摂る

バストのほとんどは脂肪でできています。 かといって脂肪分の摂り過ぎは太り過ぎのもと。 バストアップ効果はありません。

サプリメントでバストアップ

バストアップを図るため効果的とされる栄養素をサプリメントで補う人がいますが、 サプリメントはサプリメント。 基本は食事からの栄養摂取です。

ツボ刺激でバストアップ

「だん中」と呼ばれるツボを刺激する

両方の胸の間のちょうどくぼんだ部分に「だん中」はあります。 だん中には女性ホルモンの分泌を促す効果があります。 「だん中」を3秒間押して、離す。 これを5回ほど繰り返すだけでOKです。

「しんぼう」と呼ばれるツボを刺激する

乳首と「だん中」の真ん中あたりにあるツボ。 バスト全体を押し上げるように刺激することで女性ホルモンの分泌が活発になります。

「てんけい」と呼ばれるツボを刺激する

バストの両脇にあるツボです。親指でバストを持ち上げるように刺激することで 乳首の発達を促し、バストアップ効果が得られます

以上、引用ここまで -------------------------------------------

 

『感想・コメント』

いろいろなバストアップ方法があるなかで、気になったのは

キャベツでバストアップという項目です。

キャベツにはボロンという女性ホルモンを促す成分が含まれているといいますが、

キャベツだけをたくさん食べればいいというものでもありません。

もちろん、他の野菜、この記事にもある緑黄色野菜・海藻もよいかと思います。

ここでおすすめしたいのが、根菜類です。

根菜類は体を温める効果がありますので、積極的に摂りましょう。

体が冷えることはバストアップにもとてもよくないことです。

体が冷えるとバストにも血流が行かなくなって、バストアップを妨げてしまいます。

根菜は具だくさんの味噌汁やスープにして食べることがおすすめです。

簡単に作れるうえに栄養もたっぷりです。

さらに大豆製品(豆腐、豆乳)などもあわせてとることをおすすめします。

 


サイト内検索

バスト関連ニュース