*

貧乳・胸の垂れを改善!?

以下、『http://matome.naver.jp/odai/2136958837986800501』より引用 -------------------------------------------

胸にも「美乳の定義」なるものがあるらしい

GettyImages Photo by Maria Teijeiro / Photodisc

大きければいいってもんでもないらしい

バストトップが、肩とひじの真ん中に位置していること

首の下の鎖骨が凹んだ辺りから1cmの位置と、両脇のトップで三角形が作れること

胸を大きくするのに重要な事

適度に胸にも筋肉が必要らしい

胸を温めて乳腺を活性化させる

胸の冷え=胸の血行不良ということで、胸に必要なホルモンや栄養が届かないことが原因で胸がなかなか大きくならないという事実が判明。胸を温めることで、乳腺を活発化させることもできます。 【注意】 42度以上のお風呂に浸かったり、直接胸の上にカイロを貼ったりすることはNG。なぜなら、温度が高すぎると胸の脂肪が分解されてしまう恐れがある。体温程度に保つよう心がけてみて下さい

血管やリンパ管の流れがスムーズ

乳腺の発達は女性ホルモンであるエストロゲンと深く関わっています。エストロゲンは、血液やリンパ管を巡っているホルモン。つまり、血管やリンパ管の流れがスムーズであれば、エストロゲンも“胸に到達しやすく”なります。逆に、老廃物が溜まっていたり、血行が悪いなど、バストに筋肉がないなどで胸の環境が悪いと、エストロゲンは胸に上手く行き渡りません。

脂肪がたくさんついているバストを支えるためには適度な筋肉も必要

どんなに柔らかくてボリュームのあるバストでも、脂肪だけではバストの形をキレイに保っておくことができませんので、筋肉を鍛えてバストの形を美しい状態でキープしておくこともバストアップ方法の一つです

エストロゲンを胸に届きやすくするには

GettyImages Photo by Kraig Scarbinsky / Photodisc

深呼吸

とくに息を吐く時、しっかり吐くことが副交感神経を優位にしてくれます。副交感神経は血管を広げる作用があるので、より血流がよくなります

食後はツボ押しやマッサージは控える

食後は消化吸収のため、胃腸に血流が集中しがちになるので控える事

リンパの滞りを取り除いてあげる

日々溜まる老廃物はリンパを流れていることが多く、同じくリンパを巡るエストロゲンの流れを邪魔してしまいます。

ブラの上からツボ押し

バストアップのツボには、脇にあるものや胸のふくらみの中に位置するものがあります。ツボ押しの時にブラジャーをしていると、押しにくいだけでなく血行を妨げることにもなりますので、ケアする時はブラジャーを外した状態のほうがオススメ

手軽にできる簡単バストアップエクササイズ&トレーニング方法

朝と夜など1日1~2回マッサージすると効果的

マッサージをした後は、最後にワキ下のツボを押してリンパの流れをよくすることで、よりハリのあるバストに

手をバストの内側から外側へ滑らせ、左右10回づつを目安に、ぐるりと円を描くようマッサージ。 この際に、脇の下にあるリンパのツボも意識する

バストを下からすくいあげるように、左右の手を交互に上へと持ち上げる。左右10回づつを目安に。

バストトップからあごまで、下から上にむかってマッサージします。左右10回づつを目安に。

1.胸の前で手を合わせる。(お祈りのポーズ) 2.できる限り力いっぱい息を吐きながら   両手を10~20秒間押し合う。 3.これを1日3セット以上。
*ポイント* 常にトレーニング後の自分自身を想像しながらトレーニングを行う

以上、引用ここまで -------------------------------------------

 

『感想・コメント』

バストアップと冷えは実はとても関係性があり、胸が冷えている女性は多いそうです。

手足の冷えを感じる女性は多いかと思いますが、あまり胸の冷えを気にする女性は少ないのが現状です。

胸が冷えてしまうとバストへの血のめぐりが滞ってしまうので、

バストのハリやお肌の状態にもよくありません。

また、バストアップしにくい状態になってしまいます。

 

バストの血行をよくするためには、お風呂でのバストマッサージが効果的です。

お風呂で半身浴をしながら、バストマッサージをすることによって、血行がより良くなりますし、

リラックス効果も高まります。バストアップにはストレスもよくありません。

また、お風呂以外でもおしぼりを用意してのバストの温めも効果的です。

まず、おしぼりを電子レンジなどで温めたものを胸に当てるだけの簡単な方法です!

おしぼりが冷めてくるまでの間、胸に当てます。

胸がピンク色になるくらいで大丈夫です。簡単バストケアでおすすめです。

 


サイト内検索

バスト関連ニュース