*

おっぱい体操の流れとは

「おっぱい体操」をこれからおこなおうと考えているかたは、「おっぱい体操」の基本的な流れを把握しておく必要があります。主な動きは腕やわき腹のストレッチ、上腕や胸や背中のストレッチ、肩や背中のストレッチ、バストを揺らすという流れとなり、間違った順番でおこなうと効果が弱くなるので、注意してください。

腕やわき腹のストレッチはバスト周りの血液やリンパ液の流れを良くし、上腕や胸や背中のストレッチは大胸筋や肩甲骨を伸ばし、筋肉の伸びと弾力を良くします。肩や背中のストレッチでは肩から背中まで広範囲を動かすので、体がほぐれていき、バストを揺らした場合は、バストを支える靭帯の弾力を強化する効果があります。

手足は運動不足の現代人であっても毎日の生活の中で事前と動かしていますが、胸部は意識して動かさないと最も動きが悪くなる部分であり、「おっぱい体操」をおこなう際は、朝と夜の2回を目安に毎日の生活に取り入れることができるので、無理なくおこなうことができます。

お仕事で忙しいかたでも朝と夜のほんの少しの時間でおこなうことができる点が「おっぱい体操」をおこないやすい点であり、多くの女性のかたがおこなっている要因です。


サイト内検索

バスト関連ニュース